Wi-Fi(ワイファイ、Wireless Fidelity)とは、
無線LANの普及促進を行う業界団体のWi-Fi Allianceに、相互接続性などの認証を受けた機器のことを言うのですが、
現在はWi-Fi認証を得た製品が非常に増えて来たこともあり、無線LAN全体のことを「Wi-Fi」と言うことが非常に多くなって来ています。
このWi-Fiとは電波でネットワークに繋ぐ無線LANのことを言い、Wi-Fiマークのついている製品であれば、
たとえメーカーが異なったとしても、(例えばソニーとバッファローなど)接続が出来る仕組みになっています。

このWi-Fiを利用するために必要なモノはまず、親機(アクセスポイント)と言われる、
Wi-Fi子機からアクセスを取り次ぎ、有線で繋がれたデスクトップパソコンやノートパソコン、
スマートフォンやゲーム機、タブレットなどをインターネットに繋ぐための機器が必要です。
この親機には、他のネットワークと接続出来るようにルータ機能を持った機器「無線LANルータ」(WiFiルータ)というモノもあります。

そして、次に必要なモノはWi-Fiの子機になります。
これは有線ではなく無線で、ネットワークにアクセスして利用する機器のことを言い、
上記で説明したように、ノートパソコンやスマートフォン、ゲーム機、タブレットなどがあり、
現在販売されている電子機器はほとんどがこのWi-Fiに対応しています。
Wi-Fiは親機を用意すれば利用することができると思います。
Wi-Fiの電波は狭い範囲向けになっています。親機(アクセスポイント)から電波が届く範囲は
だいたい数十m程と考えておきましょう。その数十mも障害物があれば電波状況は変わります。