Wi-Fiが有線よりも劣っている点と言えばどんなところが劣っているのでしょうか?
無線で接続しているために、例えば
伝送速度や通信品質、機器間の設定、セキュリティ対策など、有線LANには無い、無線LANならではデメリットな特徴があります。
それは、
1:通信・電波状態が安定しない。
伝送劣化が発生してしまい、有線に比べ速度は遅くなる。電波干渉等の影響で接続が不安定になったり、接続ができなくなったりと接続そのものにに不安がある。
環境によって通信状態が大きく変わる
通信速度が遅い(IEEE802.11b規格で11Mbps)

2:セキュリティ面に不安がある
通信の途中で盗み見されたりデータを改ざんされないようにするために、データを変換処理する暗号化方式が大きなポイントになります。

3:設定が少し面倒である
親機(アクセスポイント)の設定や子機の
設定など少し面倒なとこがある。
一度設定すれば、余程のことがない限り設定はなくならないので、初期設定が面倒だと言えます。

4:有線LANに比べてコストがかかる
有線の場合はLANアダプタ・LANケーブル・スイッチングハブなど用意するものの費用も安く済みますが、
無線の場合は、無線LANアダプタ・アクセスポイントなど少し費用が掛かるモノを用意する必要があります。

以上が有線よりも無線が劣っている点やデメリットになります。
無線LANのメリットと言えば、線が無いために部屋の見た目がスッキリしているところがメリットであって、
その他はすべて速度、安定性、セキュリティーなど有線の方が勝っていて、通信速度も、よほど遅い有線でもない限り、有線LANの方が速いです。